アマルガム

みなさん、こんにちは。

諫早市・諫早インプラントセンターです。

何度がブログでもアマルガムの危険性について

お話をさせて頂きましたが・・・

今日はなぜ危険なアマルガムが使用されるように

なったのかについてお話をしていきたいと思います。

アマルガムは世界的に歯科用修復材料として 14世紀という長い間使用されてきたものです。 充填後の2次虫歯を引き起こしやすい問題や、 水銀毒に関する危険性は、1830年頃のアメリカ 上陸時から指摘されており、米国口腔外科医学会 ではアマルガム使用を禁じる動きも見られたようです。しかし、使用賛同者が多い米国歯科医師会が優勢を極め、1859年のアマルガム安全宣言に手伝ってアメリカでの使用が一般化したのです。

アマルガムが歯科治療に定着した理由として、 材料が安く手に入れられた事 治療への応用が簡単だった事が挙げられます。

日本の動きはどうかというと・・・

1960年頃、戦後の厳しい経済情報下の日本の歯科界では、低廉な「銅亜鉛合金」を代用金属として 保険診療にも採用しようとする動きが出てきました。 金属の腐食の点から見ると、極めて過酷な環境の 口腔内に使用する金属は、科学的・生物学的に 安定した金、ないしは貴金属合金でなければならない。日本補綴歯科医学会は銅亜鉛合金が 歯科用として採用されることを阻止する為、 「歯科用金属規格委員会」を設置し、歯科用合金の 規格とテスト法ならびに各種合金の評価を行った。 こうした学会の活動によって、銅亜鉛合金の 歯科臨床への導入は避けることができた。 また、同委員会は、歯科用合金としては金合金を 使用するのが本筋で、総医療費や日本の経済力 から見て代用合金使用もやむを得ないが、その際でも金銀パラジウム合金をもって代用合金の許容限界とし、しかもできるだけ早い時期に金合金に移行 すべきであることを、委員会報告書で発表した。

つまり、 健康保険では生体にとってよい金属ではなく、 戦後の厳しい状況下でやむをえず決めた金属を 今もって使用しているのが現状なのです。

まずはきちんとこのようなことを知っていただき

より安全で安心な治療法を選んでいただければと

思います。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。