フッ素の恐ろしい歴史

皆さんフッ素の恐ろしい歴史を知っていますか?

1950年代アメリカで水道水でのフッ素化合物添加の

是非をめぐる一大論争が科学者の間で起きました。

そのとき低濃度のフッ素の安全性を訴えた

フッ素支持派の筆頭者は、

ハロルド・ホッジ博士でした。

恐ろしいことにホッジ博士とは

広島に投下した原子爆弾を開発した

マンハッタンプロジェクトの中心的人物でした。

また、フッ素を人類史上初めて水道水に

導入したのはナチスです。

強制収容所からユダヤ人が脱走しないように

フッ素入りの水を飲ませ、

その意思をくじいてしまうことが目的でした。

また、フッ素は殺鼠剤の主原料として

よく用いられています。

フッ素って恐ろしいですね・・・・

当院ではフッ素ではなく、ポリリン酸を使用して

いますのでご安心くださいね♪image1

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。