待合室に新しい本が増えます☆

moblog_201411071439290

みなさん、こんにちは。

諫早市 諫早インプラントセンターです。

11月に入り、肌寒い季節になりましたが

いかがお過ごしでしょうか。

待合室に、新しい本が増えました!

この本には、

食べ物が子供たちの、体を作っていること。

健康をつくるのも、病気をつくるのも、

すべては食べ物とゆうこと。

『食』という字は

『人に良いもの』と書きます。

人に良いものを食べる。

人に悪いものは食べない。

元気に健やかに、病気に負けず、

お母さんが、子供たちを

悪い食べ物から守ってほしい。

こういった

『親から子へ語りついでほしい、予防医学』

について書いてあります。

私も知らなかった内容が、

たくさん書いてあり、

とても勉強になる本でした。

待合室、テレビの下に置いてあります。

手にとってみなさんも、読んでみてください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。