実は危ない。リスクのある歯と対処方法

dentist-2530990_1920

「歯を突然失う」ということは、事故などを除けばごく稀にしかありません。多くは病気などが進行して抜けるケースで、ゆっくり進行していくため、長いあいだ本人にも自覚のない場合がほとんどです。しかし、実はこうした「将来抜ける可能性の高い歯」はある程度予測ができます。次に挙げるような歯は要注意!もし該当するものがあれば、ぜひ対処法も参照してください。

リスクその1

歯茎からの出血

歯ぐきからの出血は「歯のみがきすぎ」ではなく、歯周病菌が繁殖し炎症を起こしていることが原因です。
歯周病は進行すると歯を支える骨を溶かし、放置しておけば最終的には歯が抜けてしまう病気です。早急に対処しましょう。

歯周病への対処方法

歯周病は「沈黙の病」とも呼ばれます。骨が溶けていても出血以外の自覚症状があまりありません。
そのため歯科医院に早めに検査を行い治療を受けてください。

リスクその2

神経をとった歯

歯の神経には感覚を伝えるだけでなく「栄養を運ぶ」という大切な役割もあります。そのため、むし歯などにより神経をとってしまった歯は、栄養が不足し『枯れ木』のような状態に
なってしまいます。

神経をとった歯の対処方法

神経がないで栄養が運ばれないだけでなく、「むし歯」になっても痛みを感じません。
そのため口内、歯の異変に気づきにくくなっています。歯を守るためには、定期的に検診を受け、早期に発見することが非常に重要です。

リスク3

ブリッジの土台となる歯

ブリッジは健康な歯を土台に「橋渡し(ブリッジ)」して、歯が失われた部分を補う方法です。そのため、浮いたところにプラークがたまりやすく、むし歯や歯周病のリスクが格段に高くなります。さらに、土台となる歯に負担がかかりやすいため、折れてしまうリスクもあります。

ブリッジの土台となる歯の対処法

歯間ブラシでブリッジの浮いたところを毎日しっかりケアすることが大切です。
また、定期検診を受けて土台の歯の状態などブリッジ周辺のチェックをしてもらいましょう。

リスク4

入れ歯を支える歯

入れ歯は安定して使用するために残存歯にバネをかけて使用します。この時、残存歯に余計な負担がかかると寿命が短くなってしまいます。さらに入れ歯は形状が複雑なため、ケアを怠るとすぐに細菌が繁殖します。この細菌は残存歯のむし歯や歯周病の原因となり、残っている歯の寿命を確実に短くしてしまいます。

入れ歯を支える歯の対処法

日頃のお掃除をしっかりして、細菌をとり除くことが大切です。また、時間が経つことで入れ歯は徐々に歪んだりすり減ったりしてきます。これらを放置して生活を続けると、力のバランスが崩れ、しっかり噛めないばかりか、残された歯に余計な負担がかかりやすくなります。
他の歯を守るためにも、入れ歯の定期的な調整が必要不可欠です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。