歯周病もオゾン療法で改善させる

「血液オゾン療法」とは?

こちらは自由診療にあたる療法です。血液の浄化療法の一つで血液に少量の酸化ストレスを与えることで身体が自前で持つ抗酸化力を強化し、血液を活性化していきます。

血液オゾン療法は、約70年前にドイツで開発され、エイジングケアの効果はもちろんのこと、保険診療では改善しない様々な症状に大きな効果が期待できる治療法として、ヨーロッパ諸国ですでに確立、認知された血液の浄化療法です。イギリスではエリザベス女王の母君クイーンマムが老化予防のために定期的にオゾン療法をお受けになっていたことでも有名です。
生物に対して通常では有害な作用を示すものでも、微量かつごく一時的であれば逆に良い作用を示す生理的刺激作用のことを『ホルミシス効果』と言います。少々のマイナスがかえってプラスに転じるきっかけとなるのです。「少量の酸化ストレスを与えることで、身体が自前で持つ抗酸化力を強化しよう」という治療法を酸化療法といい、酸化療法の一種である『オゾン療法(血液オゾン療法)』で、少量の酸化ストレスを与えることで身体が自前で持つ抗酸化力を強化し、血液を活性化していきます。

「血液オゾン療法」の効果

オゾン療法は、抗酸化力の強化による老化防止やアトピーなどの肌状態の改善、自前のインターフェロンを増やすことによるB型・C型肝炎への効果や、脳梗塞や心筋梗塞といった虚血性疾患などに効果があると言われています。また、日常生活の中で、疲れを感じている、冷え性がひどい、いつも頭が重くて痛いという方などにも受診していただければ、その効果を強く実感していただけると思います。

身体への好作用

抗酸化力の向上

多種多様な疾患の予防・改善のほかエイジングケアにも有益であり、また、自然治癒力を高める。

全身の酸素化

赤血球により多くの酸素が結合して、末梢組織へ十分な酸素が生き渡り、末梢組織へ酸素を届ける能力の高い赤血球が増える。また、がん細胞は酸素を嫌うため、がんの患部へ酸素が豊富に送り込まれるようになると結果的にがんの成長を抑制すると考えられています。

末梢血流の増加

血管内壁の内皮細胞で一酸化窒素(NO)を産生させ、体内の末梢血管を拡張させる作用があり、全身のすみずみまで血液が行き渡るようになる。さらに、血液さらさらの状態になる効果があると言われます。

免疫機能の向上

免疫系の働きを調整するサイトカイン(インターフェロン、インターロイキン、腫瘍壊死因子など)の体内での産生量が増えると考えられます。

細胞の活性化

細胞を動かすエネルギーとなるATP(アデノシントリフォスフェート)のレベルを上げることができ、細胞を活性化し、疲れにくくなります。

血液オゾン療法

病気じゃないのに、いつも疲れを感じている。
冷え症がひどくてツライ。いつも頭が重くて痛い。
そんなあなたに血液オゾン療法は効果を発揮します!!

オゾン療法とは、オゾンガスを用いた様々な治療法の総称で、ドイツでは保険治療の適応にもなっている治療方法です。トキコクリニックでは血液オゾン(大量自家血療法)とオゾン注射(少量自家血療法)を採用しています。

エイジングケアだけでなく、成人病や癌(がん)の予防・難治性疾患の改善・慢性症状(頭痛や冷えなど)の改善など、美容・健康の両側面から効果を発揮する治療法です。

自分の血液を使って自分の血管をきれいにする自分の血液を使用するので、もちろん副作用もなく安全。採血した血液を医療用オゾンで酸素飽和度を最大限に増やし、きれいに浄化された新鮮な血液を体内へ戻すのが血液クレンジングです。

採血した血液を医療用オゾンで酸素飽和度を最大限に増やし、きれいに浄化された新鮮な血液を体内へ戻すのが血液クレンジングです。

ドイツで発祥して以来、ヨーロッパではすでに広く認知されている治療方法で、英国エリザベス女王の母君である「クイーンマム」が、老化防止のために定期的に受けていたことでも話題になりました。
新鮮な血液が全身を巡ることでリンパ液が浄化され、活力が回復し、疲労を感じにくい体になるだけでなく、身体・肌ともに若返りを促進します。

また新鮮な血液が体内を巡ることで、
• 血流が改善
• 新陳代謝が活発化
• 活性酸素が除去されることによるエイジングケア効果
さらに、免疫力が向上するので病気の回復力が向上したり、活力が改善したり疲労を感じにくい身体づくりを可能にします。

オゾン療法のデメリットについて

• G6PGの遺伝子検査を行い遺伝的に溶血がないこと。
• 血管痛が起きる場合があることがございます。
• 針入部位から術後不潔にすると感染する可能性がございます。

オゾン療法の費用について

費用・・・96,000円 + 消費税(合計6回の治療を行います。)

オゾン療法の治療期間について

月に1〜2回、2週間に1回が理想です。
平均すると3ヶ月前後の治療期間となります。

こんな方におすすめ

体の不調を改善したい
• 冷え・むくみ・頭痛・肩こり・不眠など、慢性症状でお悩みの方。
• 疲労感を常に感じてる方。
• 風邪をひきやすい・体調を崩しやすいなど、免疫力が弱いと感じる方。

成人病の改善・予防をしたい
• 悪玉コレステロール値・中性脂肪値・尿酸値が高いなど、動脈硬化があるという方。
• 糖尿病の方、予備軍の方。
• 脳梗塞・心疾患・血管系疾患をお持ちの方。
• 成人病リスクが高い方。

癌(がん)・難病治療の効果を上げたい方、予防したい方
• 癌(がん)治療中の方、癌(がん)の発症を予防したい方。
• 強皮症・リウマチなど、自己免疫疾患で治療中の方。
• 腎疾患で治療中の方。

皮膚症状を改善したい方
• アトピー性皮膚炎でお悩みの方。
• 慢性湿疹でお悩みの方。
• 難治性ニキビでお悩みの方。

エイジングケア・美容を追求したい方
• いつまでも若々しさと健康を保ちたい方。
• いつまでも美しいお肌を保ちたい方。
• 健康的にダイエットをしたい方。

酸素の力で血液のエイジングケア。

病気を防ぎ、美しくする。

男性・女性問わず、一人でも多くの方々に健康に老いていく幸せを実感していただきたい!!

身体の中心からすみずみまで流れる血液。

血液には、酸素や栄養素を各細胞に運ぶ役割があります。その血液が不健康で流れがスムーズでなければ、十分な酸素や栄養素が行きわたらず身体の変調をきたしたり、活性酸素への抵抗力を弱めて老化を促進したり、脳梗塞や心臓疾患などの大病を招く恐れもあります。

つまり、血液の健康を保つことが、身体の健康と老化防止には重要なのです。そしてその血液を運ぶのが血管ですから、加齢とともに老化する血管を若々しく維持することがエイジングケアには欠かせません。

「男性の方へ」

血管を若々しく保つことで、生活習慣病を予防し、健康な身体を手に入れる!!
高齢になるほど発症率が高まる脳梗塞や心臓疾患。そこに共通するのはすべて「血液」や「血管」です。血液クレンジングにより血液を浄化し、血管を若返らせることでこれらの病気を未然に防ぐことができます。
体質改善を行い病気にならない身体づくりをサポートいたします。

「女性の方へ」

抗酸化力・免疫力の向上で、外見だけの若返りではなく、身体の中から若返る!!
きれいな血液が各細胞に送られることにより、肌までもみずみずしく若返ることができます。
また、慢性疲労や血流不良による肩こりや冷えも、十分に酸素を含んだ血液が循環することにより症状を改善させることができます。
健康と美容に大きな効果を発揮します。

血液クレンジングは1回でも効果を発揮しますが、効果がいつまでも続くわけではありません。継続して治療を行い、健康な血液状態を維持することが大切です。
具体的な症状の改善が目的の場合は、1~2週間に1度のペースでの治療がおすすめです。慢性疾患の改善にはさらに集中して、週に2回程度の治療を行うと、数ヶ月で明らかな症状の軽減を認めることが多くあります。
エイジングケアや予防が目的の場合は、1ヶ月に1回のペースを目標に継続されることをおすすめします。

未承認医薬品等であることの明示、入手経路等の明示

本治療に用いる未承認医療機器は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものですが、「医師等の個人輸入」により適法な輸入許可を得ています。日本では、未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。

国内の承認医薬品等の有無の明示

本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません

諸外国における安全性等に係る情報の明示

本治療に使用するオゾン発生機、その専用器具は、EU内における医療機器として認証されたものです(認証年月日:1993年6月14日)。

本治療の代表的な書籍とされている「オゾン療法 第2版」によりますと、以下の記載がされています。血液クレンジングは「大量自家血オゾン療法」または「自家血オゾン療法」と表記されています。

オゾン治療の副作用

第7章(オゾンの潜在的な毒性:オゾン療法の副作用および禁忌)より

  1. ドイツ,オーストリア,スイス,イタリアで数百万回の自家血オゾン療法セッションが行われた後にも,重篤な急性または慢性の副作用や癌の発生率の増加は報告されていない.
  2. これまでのところ,我々の実験データと臨床的エビデンスは何らリスクを示していない.Jacobs(1982)は,オゾン療法に考えられる全ての悪影響について慎重に調査した.オゾンは「毒性」で知られているにも関わらず,その発生率はわずか0.0007%であり,医薬品の中でも非常に低い値となっていた.
  3. コネリアーノ(ヴェネト州)の病院に長く勤務してきた非常に几帳面なオゾン療法士であるGiuseppe Amato医師は,自家血オゾン療法による治療を数年間受けた患者1,000例で軽度の副作用しかなく,後遺症はなかったことをヴェローナ議会(1999)で報告した.
  4. エナ大学病院での我々の経験も重要である.我々は1995年以来,大量自家血オゾン療法を加齢黄斑変性患者で約8,000回,線維筋炎患者で約100回(~その他の投与方法は省略 ~)をしてきている.(~略~)2000年6月から2004年3月まで我々は,新しい無毒なシステム(ガラス等)と血液に対して正確な量の3.8%クエン酸Na(用量で1:9,又は25~225mL若しくは例外的に30~270mL)を使用し,オゾン濃度を緩やかに増加(通常10 μg/mLから60μg/mLまで)させるようにした.上に述べたすべての副作用はみられず,他の副作用も生じなかった.さらに,アレルギー様の不耐性も観察されなかった.

患者の感想について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針 (医療広告ガイドライン)により掲載をしません。直接当院にお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。